一般社団法人 熱海青年会議所

TEL:0557-82-1855静岡県熱海市渚町8-2商工会議所内

理事長所信 第65代理事長 水谷 光一郎

【はじめに】
一般社団法人熱海青年会議所は、本年創立より64年目の活動を迎えます。
この永い歴史は、その時々の潮流を見つめ、英知と勇気と情熱をもって率先して行動して下さった、その時代、その時を過ごしたメンバーの礎の上に立つという事は紛れもない事実であります。だからこそ、先輩諸兄の皆様と今活動を共にする現役メンバーへ改めて深い敬意と感謝を表します。
この成長と発展の歴史は、今も綱領に記される通り、明るい豊かな社会を築き上げるという目標のもとに志を同じくするメンバーが共に歩んだ歴史でもあります。私は理事長として、この明るい豊かな社会を築き上げるという運動の基本を見つめ直し、まずはメンバーひとり一人が明るい豊かな心を持つことができる、そして互いに絆を深めことができる、そのような魅力ある会に創造していこうと考えます。

【JC3信条の強化】
まずはサービスについてです。2020年度は静岡ブロック協議会の事務主管を担います。
また翌年2021年度には創立65周年が控えております。我々は必然的に、今以上に利他の精神をもってその責任を担わなければなりません。しかしながら、そのために青年会議所活動の基本である地域に目を向けた運動が疎かになってはいけません。このような局面であっても、各事業に対し効率的な予算配分と人財配置を可能とし、熱海青年会議所としての運動を自信をもって展開してまいりたいと考えています。そこに事業規模の大小は重要ではなく、運動を展開する我々のサービス精神こそが重要であり、この地域社会へ今一度目を向けるという青年会議所活動の基本に立ち返ることが、今後の熱海青年会議所の意義を未来永続的に発展させるのだと信じています。本年はそのためにも、LOMという我々の活動の根幹を第一に固めて参ります。
次にトレーニングについてです。従来トレーニングの強化と言われますが、本年はトレーニングの強度という言葉に置き換えて活動して参ります。私はパーソナルトレーナーという職を通じ、強度という考え方に立つことがいかに重要かを学びました。パーソナルトレーニングでは、人によりその負荷となる強度を適切に変えます。それを怠ると、重大な怪我や事故に陥る危険性がありますし、精神的な諦めが生じてしまい持続したトレーニングによって成長を続けることが困難となるからです。青年会議所活動の醍醐味は修練にあり、これを乗り越えてこそ利他の精神に立った運動を展開することができ、活動を共にする仲間との友情を醸成することができます。だからこそ、同一的また定量的なトレーニング強化よりも、メンバーひとり一人にあった強度を図りたいと思います。メンバーは皆、仕事環境も生活環境も異なるからこそ、自己もまた尊重され、ライフスタイルに合った活動を提供しなければ青年会議所が選ばれる機会を今後逸してしまうと考えるからです。しかしトレーニングには漸進性も必要です。漸進性とは、ある一定のトレーニングを続け体力が一定水準に達すると同じ強度でそれ以上続けても効果が表れなくなります。そのためにトレーニングの強度を上げていく必要があります。メンバーには、漸進性を意識した青年会議所活動を行って頂きたいと考えています。
次にフレンドシップについてです。親交を深めるためには、多くの時間を共有する必要があります。これを実現するためには、メンバーが積極的に多くの事業に参加したいと思える機運を高めることの重要性を感じています。そのためにも、一つ一つの事業の目的を明確にし、メンバーが自発的に参加したいと思う魅力ある事業へと昇華させなければなりません。そしてその交流の場を多く提供する必要があると考えます。これは同時に、先輩諸兄との交流の時間を多く持つことも意味します。私自身、多くの先輩から沢山の学びを得ました。日々の青年会議所活動やその運動についてのアドバイスは勿論のこと、仕事やプライベートに至るまでも相談することのできるかけがえのない存在です。時に落ち込むときも、温かい励ましを頂いています。この想いをメンバーとも共有したい。そこで本年は、新年会や総会、そしてOB歓送迎会等の諸事業を通じ、例年以上に先輩諸兄とメンバーとの交流を深めるよう取り組んでいきたいと考えます。

【静岡ブロック協議会事務主管の成功】
本年は、静岡ブロック協議会に櫻井清孝君がブロック会長として出向します。これはおよそ半世紀ぶりに事務主管を担うということです。そしてそれにより、県内各地会員会議所の皆様が熱海の地へお越しいただく機会が増えます。その中で、我々熱海青年会議所はおもてなしの心をもってしっかりとした設営に努めなければなりません。そのための協力を力強いリーダシップをもってけん引したいと思います。
また県内各地より、熱海に多くのメンバーを迎えるにあたり、この街にとって様々に良い波及効果を得られるように、理事長として尽力する所存です。
先に挙げた友情はLOMにおけるものばかりではありません。県内各地のJAYCEEと交流できるというメリットをしっかりとメンバーに伝え、皆の力を一つに集約し、事務主管を成功へと導いて参ります。

【資質向上の取り組み】
本年は、メンバーひとりの一人の資質向上を図って参りたいと考えます。現代は情報化社会の中で、テレビやラジオ、インターネットや新聞、雑誌と様々な媒体より、多くの情報が氾濫しています。この超情報化社会では、正しい情報を選別し、その中から必要なものを取捨選択し、冷静に読み解いていく力が必要となります。そして情報を発信することも、情報を受け取ることも、そのスキルをもって活用する能力が求められます。
これまでも、メンバーの資質向上を図る目的で例会内の委員会アワーでは、各種セミナーを開催してきました。本年は、地域貢献は勿論のこと、仕事にも活かせるように、また講師との出会いが異業種交流の場ともなるように、研修内容の充実を図ってまいります。

【時代に即した青年会議所活動の実現と会員拡大】
現在、多くの企業は人手不足、後継者問題等の人財関連の悩みを抱えていると言われています。また、青年会議所以外にも様々な組織、団体が躍動し、組織団体が個人を選ぶ時代から、SNSの台頭により個人が組織を選ぶ時代へと変化していると言われています。
熱海青年会議所として他団体と差別化を引くためには、先ずは今まで以上に仕事と青年会議所活動を両立できるような組織作りが喫緊の課題であると考えます。
小さな事から少しずつ簡素化できるところは簡素化し、効率を図っていきたいと考えています。青年会議所活動の強みは単年度制です。もし私の舵取りが誤ってしまったとすれば、その翌年にまた修正することも可能です。この強みを生かして、未来に向かって本年は思い切った新しい熱海青年会議所づくりを模索していきたいと存じます。
そのためにも、先輩諸兄に引き続きご指導いただきながら、永続的な活動をと組織の発展を目指し、変革を求めていきたいと思います。そしてこの組織変革が、今後の会員拡大に?がると信じています。


結びに、私一人では当然ながら何もなしえることはできません。メンバーや先輩諸兄の皆様のお力をお貸しいただき、共に歩んでまいりたいと思います。
一年間、愚直に精一杯頑張って参りますので、どうか皆様宜しくお願い申し上げます。

一般社団法人熱海青年会議所

TEL:0557-82-1855
FAX:0557-82-1856
E-mail:info@atami-jc.com
〒413-0014
静岡県熱海市渚町8-2
商工会議所内